合宿免許で延長が起きた場合の取り扱い

合宿免許は、最短2週間で免許を取得することができます。

マニュアルの場合はオートマより教習が多いので、2日プラスされます。

短期で取得できるので、夏休みや冬休みに大学生が多く参加します。

免許合宿情報のお得な利用法をお教えします。

普段忙しくてもこれらの時期は暇だという人にとっては、非常にありがたいのが合宿免許です。



合宿免許は、最短期間で卒業することも可能ですが、検定に落ちてしまった場合には、再び教習を受けて検定を受けなければならないため、滞在期間は延びることになります。

そして、この場合の取り扱いはプランによって異なります。延長保証を取り入れている場合は、延長が起きても、一定の回数は特に追加費用を徴収されることもありませんから、当初の費用で合宿に参加して教習を受けることが可能です。保証がない場合は、追加料金がかかってしまいます。自信がないという方は、延長保証があるプランを選ぶのが賢明です。

料金については以上ですが、日程的な面に関しては、自分のスケジュールとの兼ね合いになりますから、日程は余裕をもって検討しておいた方が良いでしょう。


つまり、もし延長になった場合は滞在期間が延びてしまうので、直後に予定を入れるのは避けた方がいいです。

それによって合宿の参加を取りやめなくてはならなくなってしまえば、支払った費用は無駄になってしまいます。

緊急の用事ができてしまいどうしてもというのならばあきらめざるを得ませんが、当初から調整することができるスケジュールについては、余裕を持っておいた方が良いです。